CF水泳教室[2回目]

更新日:10月25日

第2回「クラウドファンディングで実現した発達障害児向け水泳教室」

​日 時

2021年12月12日(日)13:00〜13:45、14:00〜14:45

場 所

小金井市総合体育館温水プール

​参 加 人 数

9名(前半3名、後半6名)

​参 加 学 年

小学生以下:2名

小学生:7名


​参 加 者 性別ごとの人数

男の子:8名

女の子1名

参 加 者 特 性

自閉スペクトラム症、注意欠陥・多動性障害、発達協調性運動障害、知的障害、場面緘黙症​​ 他

インストラクター人数

水中指導:4名

プールサイド補助:1名

クラス区分

①水慣れ ②初級 ③中級

レッスン内容

①顔つけ、潜る、バブリング、壁持ちカニ歩き ②バブリング、バタ足、伏し浮き、背浮き、蹴伸び ③クロールの練習

​親御様からの感想

・先日はとてもいい経験させていただき有難うございました。せめて月1でも先生に教えていただく機会を作れたらなと思いました。


・とても有意義な時間をありがとうございました。 ・家庭でもゴーグルを用いて等、水泳の練習を始めようと思います。 ・頑張って泳いでる姿を見て嬉しかったです​​。

子どもからの感想

・教室が終わって別日にプールへ行った際、コーチに教わったのを思い出しながら​​クロールの手の動きの練習​​をしました。


・優しく指導していただき、本人もまた行きたい様子でした。

代表インストラクター

からのコメント

欠席も数名ありましたが、人数が少ないので一人一人丁寧に指導をすることができました。また、普段は寡黙で笑顔が少ない子でも、プールの中では笑顔で楽しそうに取り組んでいました。

グループでのレッスンが難しい子には、マンツーマンでのレッスンに切り替えたりなど、先生たちも工夫しながら指導してくれました。


深いプールが嫌だと言って、着替えようとしない子がいましたが、「浅いプールがあるからそこに入って、大丈夫だったらみんなと同じプールに入ってみよう」とお話をすると嬉しそうにお着替えをしてくれました。プールに入る前の気持ちのコントロールもとても重要だと感じました。

発達障害のある子どもたちは、情緒が不安定になりやすく感情のコントロールがうまく行かないこともあります。そのことを理解した上で接することができると、今回のような子どもに対しても問題なく、意欲を引き出してあげることができます。

引き続き、水泳を楽しんでもらえるように、来館されてから教室を終えて帰るところまで、しっかりサポートをしていきたいと思います。



 

発達障害児のための水泳教室『PARAスイミングスクール』では

個人レッスンで水泳指導を実施しております。