11月も「運動の発達が気になる子ども」向けの「水泳教室」を開催!参加無料!

最終更新: 11月5日

■ PARAスイミングスクール

スポーツ庁と共に、表題のプロジェクトを実施しています。参加無料ですので、お気軽にご参加ください。子ども達が「水泳を好きになる」きっかけにできるよう丁寧に指導いたします。

■ 概要 スポーツ庁の推進する「Sport in Lifeプロジェクト」の一環として、Swimmyが『PARAスイミングスクール』として本プロジェクトを実施します。東京学芸大学、大阪YMCA、東京アスレティッククラブもプロジェクトメンバーとして参加して頂きます。(実施期間2020年10月〜2021年1月)


■ Vision 「発達の気になる子ども達」が安心して通える「水泳教室」を日本全国に創出する ■ 企画考案背景 ○ 運動の発達が気になる子ども ・「スイミングスクールへの入会を断られる場合がある ・グループ行動が苦手で集団レッスンを受けられない ・指導者、施設管理者、経営者が発達障がいについて理解していない ・学校体育でしかスポーツ・運動を行なっていない

○ 母親 ・仕事、家事、学校のお迎え等で忙しく、スポーツを行う時間がつくれない ・子どものことを考えるので精一杯で、自分のことを考える余裕がない ・子どもとスポーツを楽しみたいのだが、どのように教えれば良いか分からない ・子どもの教育に費用がかかり、金銭的にスポーツを行う余裕がない

■ 水泳教室 ○ 特徴 「生徒3:先生1」の少人数制 ○ 対象 小学生 ※参加人数が少ない場合は、幼児の受け入れも検討。 ○ 参加費 無料 ○ クラス 「水慣れクラス」 対象:水に顔をつけることが苦手な小学生 目標:1.水に顔が付けられるようになる→2.バブリングができるようになる→3.ボビングができるようになる 「初級クラス」 対象:水に慣れているが、泳ぐことは難しい小学生 目標:1.だるま浮き、節浮き、らっこ浮きができるようになる → 2.蹴伸びができるようになる → 3.ビート板を持ってバタ足ができるようになる 「母親クラス」 対象:この水泳教室の同時刻にお子様が参加している母親 目標:リラックスして泳げるようになる ○ 開催日時 ・11月7日(土) 14:30-15:30【水慣6名】【初級3名】【母親3名】 16:00-17:00【水慣3名】【初級6名】【母親3名】


・11月29日(日) 14:30-15:30【水慣6名】【初級3名】【母親3名】 16:00-17:00【水慣3名】【初級6名】【母親3名】 ○ 開催場所 栗山公園健康運動センター 屋内プール 東京都小金井市中町2丁目21-1


■ インストラクター

坂本 奈穂(さかもと なほ)

【経歴】 立命館大学 卒業 高等学校の教員(保健体育・社会)として勤務。その後、一般企業で勤務するなど多方面で活躍。

【競技歴】 国民体育大会 出場

日本学生選手権 B決勝出場 WORLD CUP 11位/高校インターハイ入賞

【指導歴】 5年間 - 高校水泳部指導 -発達障がいのお子様への水泳指導

【資格】 中学校教諭一種免許状(社会・保健体育) 高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民・保健体育) 障がい者スポーツ指導員



菅原 優(すがはら ゆう)

▶︎Swimmy株式会社 代表取締役

▶︎NHK大河ドラマ『いだてん』

CM『東京ディズニーリゾート』等出演!

▶︎1児のパパ

▶︎ NPO法人スーパーダディ協会メンバー


【経歴】

1987年7月5日生まれ О型

広島県福山市出身

東京学芸大学教育学部生涯スポーツ専攻 卒業

中・高等学校保健体育教員免許 取得


【水泳指導歴】

12年間(2017年〜2020年は、毎年300レッスン以上を担当。)


【競技歴】

全国中学、インターハイ、国体、日本学生選手権等出場

■ お願い アンケート調査や心拍数等のデータ収集を行わせていただきます。

■ 参加申込 ・11月7日(土)

https://forms.gle/f6NTUMfSiA6K8fJK7


・11月29日(日)

https://forms.gle/zhqGKeTJEJx4wcEm9

最新記事

すべて表示

スポーツ庁「Sport in Lifeプロジェクト」第2回目の水泳教室終了しました。

こんにちは、PARAスイミングスクールの坂本奈穂です。 11/7(土)に、第2回目の少人数制「発達が気になる子ども向け水泳教室」が開催されました。第1回目よりも人数が増え、子供たちや保護者の方からも嬉しいコメントをたくさんいただきました。 今年は、学校の水泳の授業がなくなってしまったことで、水泳をする機会も減ってしまいました。そんな中、この機会を通して、水泳をすることの楽しさを知り、また水泳を続け