top of page

インクルーシブ教育を目指した「水泳教室」2023年4月2日世界自閉症啓発デーの開催報告書




【イベント概要】


日 時

2023年 4月 2日(日)前半14:00〜14:45/ 後半15:15〜16:00


場 所

マイエススイミング国立


概 要

発達障害児と健常児が一緒に水泳を学ぶ。


目 的

「発達障害児」といわゆる「健常児」の垣根を超え、子どもたちがインクルーシブに水泳を習える環境を創出する。また日本全国に普及させる。


【報告】

内容

13:45 お待ち合わせ 13:50 お着替え→シャワー 13:55 保護者のみなさまへのご挨拶 14:00 レッスン開始 14:45 レッスン終了 15:00 お待ち合わせ 15:05 お着替え→シャワー 15:10 保護者のみなさまへご挨拶 15:15 レッスン開始 15:45 レッスン終了結果参加者数:12名(前半:7名、後半:5名) <参加者内訳> ①水慣れクラス ・障害なし 1名 ・自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障害(ASD)2名 ・ダウン症候群 1名​​ ②初級クラス ・障害なし 2名 ・自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障害(ASD)2名 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)​​1名 ・ダウン症候群 1名​​ ③子ども先生クラス ・障害なし 1名 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)​​1名


【所感】

今回は発達障害児と健常児が混じっての水泳教室ということで、新しいことへの不安から癇癪を起こしてしまう子もいるのではないかと心配しておりましたが、子どもたちはとても落ち着いており、しっかり先生のお話を聞くことができていて、水泳を楽しめているようでした。 今回の子ども先生という新しい試みについては、挑戦をする姿は見られましたが、少し恥ずかしがっている様子で、うまくお話ができない様子でしたが、普段経験することのない経験ができたのではないかと思います。 親御様もプールサイドでの見学でしたので、子どもたちが楽しんでいる姿を間近で見ることができました。 初めて水泳教室にご参加された親御様からは、「今までこのような教室がなく、水泳をはじめたかったけどはじめられませんでした。今回の教室だけでも、子どもの成長が見られて嬉しいです。これからも水泳を続けていきたいです。」という嬉しいお言葉もいただけました。 今後も、発達障害を持つ子どもたちが継続して通うことのできる水泳教室を広めていけるように尽力していきたいと思います。



【お客さまからのお声】

・今までこのような教室がなく、水泳をはじめたかったけどはじめられませんでした。今回の教室だけでも、子どもの成長が見られて嬉しいです。これからも水泳を続けていきたいです。


・普段の個人レッスンとは違い、お友達がいることで緊張をしている様子はありましたが、楽しんでいたのでよかったです。子どもは、またお友だちと水泳するの?と前向きに話をしています。


・今回のグループでのレッスンを通して「順番を待つ」など、ルールを守ってレッスンを受けられたことがよかったです。


・親とプールに行くと甘えてしまったり、ふざけて遊ぶことしかしないけど、水泳教室ではちゃんと先生の話を聞いてレッスンを受けていたので嬉しいです。


・障がいに理解のない先生だと怒られてばかりですが、この水泳教室では障がいについて理解のある先生が指導してくださるので安心できるのと、本人も真剣に先生の話が聞けており、上達しようと頑張っている姿を見られて嬉しいです。

Kommentare


bottom of page