新型コロナウイルスに関するプール利用について(スポーツ庁)

最終更新: 2020年6月7日

塩素濃度が適切な場合、水中の感染リスクは低いとのことです。

一方、水中や更衣室でのソーシャルディスタンスには配慮する必要があります。


(以下、スポーツ庁からの資料を引用)

学校プールについては、学校環境衛生基準(平成21年文部科学省告示第60号)に基 づき、プール水の遊離残留塩素濃度が適切に管理されている場合においては、水中感染の リスクは低いと指摘されております。

一方で、水泳の授業においては、複数クラスによる合同授業の実施に伴い多くの児童生 徒が同時にプールや更衣室を使用したり、複数の児童生徒が組になる形態で安全の確認 をしながら学習を行うなど、児童生徒の密集・密接の場面が想定されるため、様々な感染 リスクへの対策を講じる必要があります。

このため、児童生徒の健康と安全を第一に考えて、地域の感染状況を踏まえ、密集・密 接の場面を避けるなど、下記の事項を十分に踏まえた対策を講じることを前提として、水 泳の授業を実施することは差し支えないと考えます。



引用資料:スポーツ庁「今年度における学校の水泳指導の取扱いについて」

https://www.mext.go.jp/sports/content/20200522-spt_sseisaku01-000007434-1.pdf




最新記事

すべて表示

スポーツ庁「Sport in Life」最終報告会

Swimmyが実施しているスポーツ庁「Sport in Lifeプロジェクト」の最終報告会が2月12日(金)にZOOMで実施されます。ご興味あればご視聴ください! 「発達障害児とその母親を対象とした水泳教室」を実施しました。 【日時】 2月12日(金)10:10~10:40 【申込フォーム】 https://tkp-jp.zoom.us/.../regi.../WN_1ufzglH4Q3OEZyd